売れ筋のルテインサプリメント

 

ルテインとは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やにんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。乳房や眼球、子宮頚部などの人体の器官や皮膚に元々存在しています。この成分には光を遮る役割があり、もしも光の一部が細胞に到達してしまっても、酸化ダメージを受ける前に抗酸化作用によって細胞を守ります。遮光と抗酸化の二重ブロックを行う事で、ブルーライトなどの強いエネルギーを持つ光から目を保護するため、人間には欠かせない成分と言えます。

 

ルテインのサプリメントは、白内障や加齢黄斑変性症予防に効果があるとされ、健康意識の高い人や、パソコンやテレビなど目に負担の与える光にさらされる事の多い人に高い需要があります。売れ筋はビルベリーエキス配合のサプリメントで、目に良い成分であるビルベリーエキスとルテインの相乗効果が期待できる製品です。また、サプリメントは含有量と共に、体内への吸収率も重要となってくるため、フローラグロー製法で原材料を加工してあるのも信頼性が高く人気です。価格は1カ月分にあたり1,000円台から2,000円程度で、ルテイン含有量が12mgから25mg前後の物が特に売れ筋です。

 

疲れ目の時には温める!

 

目が疲れた時には冷やすよりも温める方がおすすめです。
目の疲れというのは、そもそも目の筋肉の部分ばかりを使用してしまったり、筋肉が凝り固まってしまうことによって起こるのです。

 

筋肉が凝り固まると、血流も滞ってしまうようになります。
そのため、首や肩が凝ってしまったり、頭痛が起きている時などというのは、血流不足によって疲れ目の症状が出るようになるのです。
このように滞ってしまった血流を改善するためには、冷やすよりも温めるようにした方が効果的なのです。

 

目を直接温めることによって血管が開いて、血流が流れやすくなっていきます。
ここで冷やしてしまうと血管が閉じてしまいますので、逆効果になってしまうこともあります。

 

しかし、どうしても真夏などにおいて冷やしたいのであれば、冷やすだけでなく温めるようにしましょう。
冷やすと温めるとを交互に行うことによって、目の血流を大幅に改善することができるようになります。

 

ただし、冷やし続けるだけであれば血管というのは引き締まったままになりますが、温めることで血流が改善されるようになります。
これを交互に繰り返すことで効果的に疲れ目の症状を短時間で解消して、すっきりとさせることができますので試してみてください。

 

ゼアキサンチンで将来の眼病予防をします

父が眼病を患ってしまいました。
まだ手術できる状態ではないので、注射で抑えている状態です。
この注射がかなりつらそうで、話を聞いていると眼病には絶対になりたくないと思ってしまいます。
若いうちから目の健康には気を使った方がいいので、ブルーベリーを食べたりゼアキサンチンを多く含む食品を食べたりしています。
ゼアキサンチンを多く含むのはパプリカやとうもろこし、マンゴーなどだそうですが、ブルーベリーと違いこれらの食品はあまり好きではありません。
ただゼアキサンチンは体にとって必要な成分なのに、体内で作ることが難しいそうです。
なので食材から摂り入れることができない場合は、サプリに頼ることになるでしょう。

 

ルテイン

 

カンジタに効果のある石鹸の特徴

カンジダはカビの一種でもともと人の体内に存在しています。加齢や病気などによって免疫力が弱まると、カンジダは増殖して口腔や肺、性器などに炎症を起こさせるのです。
よく知られているのはカンジダ膣炎で、一度発症すると繰り返し再発しやすいといわれています。再発させないためには予防することが大切で、免疫力を低下させないよう規則正しい生活を送ることや、清潔を心がけること、それに適切な石鹸を使うことも有効です。
ここで注意しなければならないのは、抗真菌効果のある石鹸を使うということと、決してゴシゴシと擦らないということです。洗い過ぎてしまうと体に必要な菌まで殺してしまうことになりかえって症状を悪化させる恐れがあります。
抗真菌効果のある石鹸とは、ミコナゾール硝酸塩というカビの増殖を抑える成分が配合されているもので、さらに殺菌剤も合わせて配合されています。カンジダの症状がある時以外にも、予防として使い清潔に保つことができますし、ニキビに悩んでいる人でも使うことができます。
ただし、あまりにも症状がひどいという場合は自宅で治すことは難しいこともあるので、面倒でも医師の診察を受けましょう。正しい診断をしてもらうことで正しい治療ができるものです。

 

カンジダ
カンジダ市販薬

 

 

 

睡眠不足で夫婦喧嘩

睡眠不足で夫婦喧嘩

 

仕事で疲れている男性って、多いですよね。
でも、そういう時に、やっぱり専業主婦の奥さんとか、あんまり仕事が忙しくない奥さんだと、旦那さんの疲れを読めないで、構ってオーラを出してしまう人がいます。
睡眠不足になってしまうと、やっぱり人間は誰でもイライラしてしまいますので、機嫌が悪くなることもあります。
でも、奥さんは悪気があって話しかけているのではないので、旦那さんがなんで機嫌が悪くなっているのか、わからない人も多いです。
男性はやっぱり仕事で疲れていると、翌日も仕事で疲れることを考えて、そのまま早く寝たいと思う人がやっぱり多いと思います。
共働きで、残業が多い女性も、そういう気持ちを理解してくれますが、なかなかタイミングの悪い女性もいますね。
そういう女性が出てきた時に、やっぱり男性も睡眠時間を削ってなんとか相手している人もいます。
でも、ずっと女性が空気を読めないで、疲れた男性にべたべたしたがると、男性が我慢の限界に達してしまうこともあります。
そうなった時に、女性は原因がわからないから、すごく困ってしまいます。
男性は疲れているのを、察してほしいと思っている人が多いですが、誤解を生まないためには、「疲れている」ってはっきり言葉にすることも大切ですね。

» 続きを読む

  • 2015/07/23 18:41:23

女性ホルモンの乱れが不妊を招く

女性ホルモンの乱れが不妊を招く

 

女性ホルモンが乱れてしまうことで、一番困ってしまうのが、恐らく不妊の問題でしょう。
女性ホルモンが乱れると、それだけ排卵にも影響が出てきます。
排卵しなくなってしまうと、無排卵月経になり、妊娠が困難になってしまいます。
規則正しい生活をしていれば、排卵がまた再開すればよいですが、排卵が止まってしまった場合は、専門の不妊治療の病院で治療しないと、自然妊娠は極めて困難です。
排卵が行われているかどうかを知るためには、基礎体温をチェックするのが一番です。
しかし、もっと確実なのは、やはり産婦人科でチェックしてもらうことだと思います。
女性ホルモンが乱れると、無排卵の可能性が出てくることが、やはり一番女性にとっては怖いと思います。
子供を望んでいない人にとってはそれほど深刻な問題ではないかもしれませんが。
やはり晩婚で結婚して、子供を希望している人の場合、無排卵がわかると、それだけショックが大きいです。
やはり晩婚の人は、結婚前に、ブライダルチェックを受けて、一応妊娠できる体なのかどうかをチェックしてもらうことをお勧めします。
自分に問題がなくても、相手に問題がある可能性もありますので、不妊の問題は一人だけでは解決できません。

» 続きを読む

  • 2015/07/08 16:41:08

白内障目薬でツケマ要らず!

白内障目薬でツケマ要らず!

 

私の友達で、ずっとつけまつ毛を使っていた子がいるんですが、つけまつ毛をしていると、まつ毛が傷んでしまうんですよね。
つけまつ毛を使っているうちに、どんどんとまつ毛が短くなってきたので、まつ毛の育毛剤が欠かせないと言っていました。
市販のまつ毛育毛剤は、値段が少ないのに容量がちょっとで、コスパがすごい悪いと言っていました。
そこで白内障目薬としても利用されていたルミガンを使ってみたいと言っていました。
ルミガンは、白内障目薬として医薬品の扱いになるようなので、市販のドラッグストアとかでは簡単に売っていないそうですね。
ネットで購入している人がほとんどのようですが、ルミガンはすごい量があるので、コスパが良いって評判ですね。
白内障目薬でまつ毛が伸びるって、すごい発見ですよね。
今はラティースなんかも人気だけど、どっちの方が効果があるんだろう?
日本で売っているまつ毛美容液が高すぎるんですよね。
もうちょっと安くて量があればいいけど、どれを使ってもあんまり効果が変わらないような気がしますし。
「いいな~」と思っても、すごい値段が高くて、頻繁にリピするのがきついので、やっぱりそうなるとルミガンがいいのかな。

» 続きを読む

  • 2015/07/08 16:40:08

コンタクトレンズでドライアイになる理由

コンタクトレンズでドライアイになる理由

 

コンタクトレンズというのは目の表面に直接接しているのではありません。
涙の層に浮かんでいるのです。
ドライアイで涙の少ない人というのはコンタクトレンズによって様々な症状が出るのです。

 

例えば、潤滑剤でもある涙が不足することで、レンズの角膜が瞬きするたびにこすれて、ゴロゴロと乾燥してしまうようになるのです。
また、角膜に傷がついて慢性的に炎症が続いてしまうと、充血や多量にめやにが発生してしまうようになります。

 

さらに、角膜の傷が酷くなったり、分泌液によってレンズが汚れてしまうと、目のかすみの原因となるのです。
ひどい場合にはコンタクトレンズを入れてから1時間から2時間でコンタクトレンズをはずさなければならない場合もあります。

 

ドライアイの場合にはコンタクトレンズというのはソフト、ハードのどちらをお選ぶべきなのか迷ってしまうこともあります。
基本的に、ソフトレンズというのは水分を吸うことで本来の形状を維持することができます。
つまり、レンズが乾燥してしまうと、ドライアイの症状を発症しやすくなってしまいます。

 

その一方で、ハードレンズは水分を含んでいませんので、サイズも小さく水分も吸収しないのでドライアイにはなりにくいといわれています。
ドライアイに悩んでいる方は、ハードレンズを使用してみてはどうでしょうか。

» 続きを読む

  • 2015/07/08 16:39:08