売れ筋のルテインサプリメント

 

ルテインとは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やにんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。乳房や眼球、子宮頚部などの人体の器官や皮膚に元々存在しています。この成分には光を遮る役割があり、もしも光の一部が細胞に到達してしまっても、酸化ダメージを受ける前に抗酸化作用によって細胞を守ります。遮光と抗酸化の二重ブロックを行う事で、ブルーライトなどの強いエネルギーを持つ光から目を保護するため、人間には欠かせない成分と言えます。

 

ルテインのサプリメントは、白内障や加齢黄斑変性症予防に効果があるとされ、健康意識の高い人や、パソコンやテレビなど目に負担の与える光にさらされる事の多い人に高い需要があります。売れ筋はビルベリーエキス配合のサプリメントで、目に良い成分であるビルベリーエキスとルテインの相乗効果が期待できる製品です。また、サプリメントは含有量と共に、体内への吸収率も重要となってくるため、フローラグロー製法で原材料を加工してあるのも信頼性が高く人気です。価格は1カ月分にあたり1,000円台から2,000円程度で、ルテイン含有量が12mgから25mg前後の物が特に売れ筋です。

 

疲れ目の時には温める!

 

目が疲れた時には冷やすよりも温める方がおすすめです。
目の疲れというのは、そもそも目の筋肉の部分ばかりを使用してしまったり、筋肉が凝り固まってしまうことによって起こるのです。

 

筋肉が凝り固まると、血流も滞ってしまうようになります。
そのため、首や肩が凝ってしまったり、頭痛が起きている時などというのは、血流不足によって疲れ目の症状が出るようになるのです。
このように滞ってしまった血流を改善するためには、冷やすよりも温めるようにした方が効果的なのです。

 

目を直接温めることによって血管が開いて、血流が流れやすくなっていきます。
ここで冷やしてしまうと血管が閉じてしまいますので、逆効果になってしまうこともあります。

 

しかし、どうしても真夏などにおいて冷やしたいのであれば、冷やすだけでなく温めるようにしましょう。
冷やすと温めるとを交互に行うことによって、目の血流を大幅に改善することができるようになります。

 

ただし、冷やし続けるだけであれば血管というのは引き締まったままになりますが、温めることで血流が改善されるようになります。
これを交互に繰り返すことで効果的に疲れ目の症状を短時間で解消して、すっきりとさせることができますので試してみてください。

 

ゼアキサンチンで将来の眼病予防をします

父が眼病を患ってしまいました。
まだ手術できる状態ではないので、注射で抑えている状態です。
この注射がかなりつらそうで、話を聞いていると眼病には絶対になりたくないと思ってしまいます。
若いうちから目の健康には気を使った方がいいので、ブルーベリーを食べたりゼアキサンチンを多く含む食品を食べたりしています。
ゼアキサンチンを多く含むのはパプリカやとうもろこし、マンゴーなどだそうですが、ブルーベリーと違いこれらの食品はあまり好きではありません。
ただゼアキサンチンは体にとって必要な成分なのに、体内で作ることが難しいそうです。
なので食材から摂り入れることができない場合は、サプリに頼ることになるでしょう。

 

ルテイン